1. ホーム
  2. 「お米アドバイザー」とは?

「お米アドバイザー」とは?

「お米アドバイザー」は、一般財団法人 日本穀物検定協会が行う認定講座で、お米に関する専門知識を学び、認定試験に合格した人だけが得られるスペシャリストの“証”です。

お米に関する品質、食味の評価、安全性の確認など、消費者の関心は極めて高くなっています。
また、お米に携わる方々には様々な専門知識が求められているとともに、コンプライアンスの観点から、米の生産、流通、販売、表示などに関する諸法令を熟知し、信頼される商品を提供することも求められます。
このお米への高い関心、携わる方々への高まる要求の中、日本穀物検定協会は、60年間の実績、経験、ノウハウを最大限に活用し、お米に携わる方々、そして、お米に関心のある方々へのサポートとして「お米アドバイザー認定講座」を開設しました。

この講座は、「お米の品質・食味」、「関係法令」、「理化学分析」の3分野、計15講座(3分冊テキスト:520ページ、6枚のDVD:550分)を自主学習し、年2回全国6ヵ所(札幌、仙台、東京、名古屋、神戸、福岡)で開催されるスクーリングで、実技実習と認定試験を受け、合格すると「お米アドバイザー」と認定されます。

取得いただくメリットとしては、

□ 教材:「お米の品質・食味」編
お米にまつわる歴史的背景から保管方法、炊飯・食味評価までの基本的知識がすべて学べます。
□ 教材:「法令」編
トレサ法やJAS法など、法律を通じて表示や流通に関する知識が学べます。
□ 教材:「理化学分析」編
理化学的内容による安全・安心を理解することにより、より説得力の高い説明と顧客満足度を得ることが出来ます。
□ 実習:「スクーリング」
食味評価など学習したことが、実際に体験できるので、知識の精度が高まります。また、全国6会場での開催なので、諸経費を低く抑えることができます。

また、「お米アドバイザー」を取得された方々へのフォローアップの充実を図るため、

  • メールマガジンの配信
  • お米アドバイザー同士や消費者との交流活性化のためFacebookページ開設
  • 各種イベント情報の提供
  • お米アドバイザーを中心としたセミナーや交流会の開催

など、様々なフォロ-アップを参加型で行い、全国の「お米アドバイザー」の方々の交流と活動を継続的に支援しています。