1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米の仕事のアレコレ
  4. 担い手のいない水田集落が沢山あるって本当?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米の仕事のアレコレ

他のカテゴリを見る

担い手のいない水田集落が沢山あるって本当?

わが国の少子高齢化とともに農村も高齢化が進んでいます。

平成22年の農業従事者の平均年齢は66.1歳となり、平成2年には850万人いた農業従事者も平成22年には453万人と約半分にまで減少してしまいました。下図のように、全国の水田集落の半数以上では担い手がおらず、特に西日本では6割以上の水田集落で担い手がおりません。

食の安定を支えるだけでなく、環境保全や文化の伝承も行うわが国の農業を発展させるためにも、農村と都市・地域とのつながりを高める活動や行事を通して農業への理解を高めることが必要だと言えるでしょう。

農業を主とする65歳未満の農業者のいない水田集落の割合

担い手のいない水田集落が沢山ある.png

出典:農林水産省「2010農林業センサス」図:農林水産省「特集1 地域力の向上をめざして「農」の未来の設計図を描く 〜人・農地プラン〜(2)」(http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1207/spe1_02.html)をもとに作成