1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米の仕事のアレコレ
  4. コンバインはどんな機械ですか?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米の仕事のアレコレ

他のカテゴリを見る

コンバインはどんな機械ですか?

コンバインは、正式名称をコンバインハーベスター(コンバイン収穫機)といい、穀物の収穫・脱穀・選別を行う農業機械です。

日本の稲作で主に使われるコンバインは「自脱(自動脱穀)型コンバイン」と呼ばれ、稲作以外で使われる「普通型コンバイン」とは違うタイプのコンバインです。

以前の収穫作業では、稲刈りは鎌による手刈りや、刈取り専用機であるバインダーを用いて行い、その後、脱穀機やハーベスターを用いて脱穀をする必要がありました。
これら一連の収穫作業を一台の機械で行えるようにしたのが「自脱型コンバイン」です。

「コンバイン」という名前も「刈取り」と「脱穀」の両方をこなせることから、「兼ね備える」という意味を持つ英語のcombinedをもとに付けられました。