1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米の歴史と文化のアレコレ
  4. お米の名前には決まりがあるの?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米の歴史と文化のアレコレ

他のカテゴリを見る

お米の名前には決まりがあるの?

お米の名前には決まりがあるの?.png

「コシヒカリ」や「ササニシキ」のようにカタカナの品種もあれば、「あきたこまち」や
「はえぬき」のようにひらがなの品種もあります。
品種名のひらがなやカタカナには特別な意味があるのでしょうか?

お米は開発した場所によって違っていた

以前は品種を開発した場所によって名前の付け方を分けていました。

国の機関や国が指定した試験場で開発されたものは「カタカナ」、県立の試験場で開発されたものは「ひらがな」と決められていたのです。
そのため「コシヒカリ」は国が開発したもので、「あきたこまち」は県が開発したものになります

しかし、1991年に国指定の古川農業試験場(宮城県)で開発された品種にはひらがなの名前が付けられました。
それが「ひとめぼれ」です。

これ以降、名前の規制が緩められ「ゆめぴりか」や「森のくまさん」など多くのユニークな名前が誕生しています。