1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米の検査とお薬のアレコレ
  4. 食味試験を行うパネルはどうやって決めるの?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米の検査とお薬のアレコレ

他のカテゴリを見る

食味試験を行うパネルはどうやって決めるの?

食味試験のパネルって.jpg

良質米の発掘や開発、消費者の嗜好にあった味を持つ米の情報提供などの目的から食味試験は日々求められています。
その試験を行う試験員であるパネルは大変重要な役割を担っており、パネルの選別も食味試験にとってはとても大切な過程になります。
それでは、どのような人がパネルになれるのでしょうか?
穀物検定協会では下記のテストを受けて適正があると判断された人のみがパネルになれます。

味覚テスト(五味テスト)
下記5つの人工的に調合した試験溶液と蒸留水を準備し、それぞれ濃淡2種類がある試験溶液を濃度別に識別するテストです。

①甘味(ショ糖)
②酸味(クエン酸)
③旨味(グルタミン酸ソーダ)
④塩味(食塩)
⑤苦味(カフェイン)

嗅覚テスト
次の5種類のにおいを識別するテストです。

①バラの花びらのにおい
②プリンのにおい
③桃の缶詰めのにおい
④汗臭い臭い
⑤カビ臭いにおい

試験結果に加えて、パネルの男女比や年齢などもバランスよく構成されるように心がけます。

また、食味試験後も各自の評価結果について、ディスカッションを通じて、教育訓練を行うなど、質の向上を図り、食味の再現性に努めています。