1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米にまつわる法律のアレコレ
  4. 農作物検査法ってどんな法律?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米にまつわる法律のアレコレ

他のカテゴリを見る

農作物検査法ってどんな法律?

農作物検査法とは、米、麦、大豆などの農産物の品位などを検査する農作物検査制度と、その検査を担う登録検査機関について定めた法律です。この検査を行うことで生産された米の産地、品種、産年の証明がされます。

米の品質に係る検査は、米取引関係者が取引上の信用を得るために、古くから地域単位で独自に検査を行う取組みが生まれ、昭和9年(1934年)には、全国全てで県営検査が行われるようになりました。しかし、県ごとに検査のバラつきがあることなどが問題となり、全国統一の検査が望まれていました。

こうした中で、昭和26年(1951年)に農産物検査法が制定されます。これにより国が検査の主体となり、全国統一的な規格に基づく等級格付けにより、現物や見本の確認を要しない規格取引が全国的に行われることが可能になりました。

農産物検査の対象品目は、米、小麦、大麦、大豆、小豆、そば等10品目となっています。農産物検査は一定の方法に基づいて実施することが必要であり、農林水産大臣が標準計測方法、鑑定方法、標準抽出方法などを定めています。これらについては、毎年発行される「農産物検査手帳」に記載されています。

農産物検査法は数次の改正が行われましたが、平成12年の法改正により、農産物検査の実施主体が国から民間登録検査機関による検査への移行が進められ、平成18年に民間登録検査機関による検査への移行が完了しました。