1. ホーム
  2. お米アレコレ情報
  3. お米作り(生産)のアレコレ
  4. 側条施肥とはどんな施肥方法ですか?

お米アレコレ情報 お米に関するアレコレ知識

お米作り(生産)のアレコレ

他のカテゴリを見る

側条施肥とはどんな施肥方法ですか?

側条施肥とは、苗の移植時に苗横3~5cm、深さ3~5cm程度に施肥する方法です。

苗の近くに施肥するため、肥料の吸収が早く、早期の茎数確保が可能になります。
そのため、寒冷地や高冷地などの茎数が確保が難しい地域で特に望まれる施肥方法になります。

側条施肥には、施肥田植の機能を持つ田植え機の導入が必要ですが、基肥施肥と田植えの両方が同時にできるため従来の田植え作業に比べて約半分の作業時間で済みます。
また、苗の近くに施肥されるため表層施肥に比べて肥効の利用率が向上し、基肥だけで20%程度、追肥分も加えると合計で30%程度の肥料費削減が出来ます。